ダイブコンの中古について

ダイブコンピューターの中古について

ダイブコンの中古ってどう思うか聞かれる事があります。

ダイブコン自体が安い物ではないので、そう思うのも当然と言えば当然です。

オークションサイトなどで、くまなく探してる人もいますね。

ではダイブコンの中古を探している人にとって
メリット・デメリットって何だろうという事で
挙げてみたいと思います。

中古ダイブコンのメリット

・安い
・当たり商品に限り、新品同様長く使える

中古ダイブコンのデメリット

・保証がない
・以前のユーザーがどんな使い方をしていたか分からない
・電池の状態が分からない(すぐ切れる可能性あり)
・メーカーにシリアル登録されている可能性がある
・正規ルートの商品か分からない(紛失・盗難の可能性もあり)
・浸水や水没の可能性もあり
・古い機種で交換パーツが生産終了につき、終わっている場合がある
(この場合は修理や電池交換が出来ない可能性があります。)
・正常に動作するかは、使って見ないと分からない

以上のように、メリットは価格面のみで
デメリットの方が多くあります。

それでも欲しかった物が安く入るなら
それもありだとは思っています。

ではデメリットの影響を少なくするにはどうすればいいか?

中古のリスクを減らすには

商品自体の当たり外れが、大きく影響しますが
リスクを少なくするには、中古を取り扱っている中でも
業者・ショップの保証のしっかりついている所で検討する!

という事になります。

私は中古のダイブコンは買ったことはないですが
周りの仲間では買った人もいるので
問題なく使っている人もいれば、すぐに電池交換になり
コストが早速かかっている人もいます。

またダイブコン自体に浸水があり
水没するという事は実際に結構起こりえます。

ダイブコンピューター水没原因

落っことしたり、ぶつけたり
湯船に浸かって、内部から湿気が発生して曇ったりなど
色々な事が原因で引き起こされます。
私も経験済みです。

古い機種の落とし穴

古いダイブコンの何が悪い? と思う所ですが
古い分安く出品されていても
機種が古いダイブコンは、電池交換はできても
修理などが出来ない物も増えて来てます。

生産中止で作ってない物が多いので
それを調べてから決断した方がいいのは間違いないです。

調べる場合は、直接ショップやメーカーに
部品供給が継続しているか、問い合わせるといいでしょう。

お勧めはしませんが、中古品をお探しの場合は
十分にリスクも踏まえて探されるといいと思います。